グッドラックブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

尽きないカスタム心!

ビックラジエターにオイルクーラー60度オープンのサーモスタット

それをモニタリングする油温&外気温センサーを擁するテンプメーターと夏のオーバーヒート対策バッチリリンコ!
しかし今度はオーバークールが心配になってきた。
次なるはシャッターを付けて外気温に応じてシャッターを閉めるシステムを画策中、カスタム心は尽きる事ないですな!
そう言うの嫌いじゃないです。( ´∀` )

ビックラジエターで迫力アップ

オイルクーラーでエンジンをアシスト!

オイルクーラー装着時はオイル量に注意! エンジンに十分オイルを行渡せて再度量をチェック。

ダエグのサーモスタットの場合80~84度で開き始める。

その設定を60度で開くサーモスタットに交換

アクティブのデュアルテンプメーターでモニタリングもバチリンコ!

 




2020年02月29日

シーズンに向けて

シーズンに向けての整備が増えてきた今日この頃、三寒四温、春まで待ち遠をしいです。
そんな感じで春に向けての整備始まるよ!

今回はフロントフォークのオーバーホールとエンジンヘッドからのオイル漏れ修理ETC及びUSB取り付けその他もろもろ!

先ずはUSB取り付けその後エンジン分解清掃最後に足回りを外してしまうと不安定になるので一番最後に行います。


今回選んだのはデイトナ製薄型タイプのやつ見た目すっきりで収まりもいい感じダス!

他にも色々種類有りますがパイプハンドルにイイかも!

 

 

 

続きましてエンジンの分解です。Z系は整備性に優れストレスなくばらせます。

(固着等無ければ)

 

 

分解&カーボンやガスケットなどを剥がして清掃していきます。カーボンやガスケット剥がしは意外と手間と時間がかかります。

なんせガリガリやってしまうと傷が付いちゃいますので優しく時に大胆にケミカルなどを併用して行います!

分解清掃後必要に応じて交換部品を選定して発注入荷次第組み上げます。

 

 

 

 

ちなみにこのSST Z用リングコンプレッサー!あると便利ですがこれにしか使えません。💦(試したことなし)

ないときはチマチマちょっとづつ入れるしかないです。 youtubeあたりを見てると皆さん工夫して入れてるようです。今やプロも参考にするyoutubeダス!

おかげさまで使用頻度が低いので何十年経っても綺麗ダス!

SSTは各車種によって用意されてますが、使用頻度が低く時には一回使ったきりなんてこともざらにあります。

いまで言う故障診断機ですがメーカーごとに違いバージョンが変わる事に買い替えが必要だったり月々のシステム使用料を徴収されたりとこれが結構お高い!

ユーザーにしてみればサックっとさすだけで結構な工賃取られると思いますが事情をお察し頂ければ幸いです。💦

てなわけで続行中です。

 

 

 

追伸ヘッドライトが全くつかないと言う事で最初スイッチをを疑いましたが点検結果ヒューズボックスが原因でした。

メーカー欠品につき自作するかP.M.Cにしようと思います。

 

2020年02月26日

中古仕上げ


仕入れて来たホンダのゴリラ、走行も少なく年式相応

欠品、タンクのへこみもなく丁度良いやれ具合ダス! 

がしかし!鼻水が止まらない(キャブからのオーバーフロー)フロートやらニードルバルブを変え掃除を何回か繰り返して次の日まで様子見るも

タラ~ン

へこむわー!んでもってタラリラリンっと新品に交換あっさり絶好調ダス!

く~う!

このほじなし!

まんず、無事整備完了だす。

可愛いくせに世話焼かせやがって!💦

 

ケイヒンPC20 調整幅も広くセッティングだしやすい。 

バッテリー交換よ~し

オイル交換よ~し

プラグ交換よ~し

クラッチワイヤー交換よ~し

ポイント点検よ~し

キャブ?キャブ?キャブ?キャブ?キャブ?キャブ!     、、、、、、、、、、交換よ~し

てなわけで誰か買ってください。

2020年02月01日

ミニモト プチカスタム?

お遊び用に仕入れたKLX110
譲って頂いた岩手の○○さんあざーす!

ミニモトもブームがありましたが現在はあんまり見かけなくなりました。

当然、需要も薄れカスタムパーツも皆無状態だす!KLX110Lはあらかじめ大人でも乗れる設定ですが?!

KLX110の場合、おこちゃまが乗るのが前提でしたので大人が乗るとぐしゃぎゅしゅ!腹に響きます。 

もとい腹が出てるので脂肪で吸収ですのでケツに響きます(笑)そこで強化を必要としますがなんせパーツがほとんどでてない。

110Lのパーツに入れかえるしかない。

幸い譲って頂いた車両は大人仕様にされていてラッキー状態でした。

ある日の事であった。横たわる焼き付き起こしたまま放置プレイのKX65を見て(ギョロ)

これ足回り組めんじゃね!思ったら最後もうばらしてました。暇っていいね!

なんてね!良い分けないじゃん�💦

リアサスはストロークが長すぎて断念、リンクだしね。

フロントは何とか行けそう(ちょっと加工が必要)結果は何とか付きました。

KX65のステムシャフトはテーパーベアリング。KLX110はボールベアリング シャフト径はKX65の方が細くて短かった。まるで俺のようって下ネタか!

 

こちら外したKLX110 いつでも戻せるように保管しておきます。

 

KX65は33mm  ブレーキはディスク リムはアルミ   KLX110は30mm ブレーキドラム リムはスチール

あっつ! あと後ろのリムだけアルミに組み替えます。 組み替えたらアップするかも!

 

 

 


2020年01月30日

本日の作業 DAEG足回り

ユーザーこだわりの足回りニンジャZX14R純正ホイールに交換だす。

ZZR1400でもなくZX14R えっ同じじゃないのと思ったらこだわるユーザーは見る目が違います。💦

本人曰くデザインが違うという。

ぼーっと生きている私、その違いに気が付かなかったでおざる。まさに頭がお猿。 (チコちゃんに叱られっぱなし!)

流石にリヤのリム幅は違うだろうとは思ってたが、デザインとは。

確かに比べてみるとちが~う!勉強になります。

実際の取付け

フロントはこれまた以外にあっさり無加工だす。


リアはさすがに寸法が違う 

先ずはお互いのリム幅を図って÷2でセンター出し。

リム端面からスプロケット。カラーエンド。ディスク。ディスク側カラーエンドを図り

お互いの差を考察旋盤などで切った貼ったしていきます。

久々の加工、今は純正流用なんてほとんどないっすから。

なんせアフターパーツ豊富で中古品もオークションで買える時代ですからね。

 

 

ぐりぐりぐり~しゅるしゅるしゅる~

 

芯がでね~

取り敢えず、何とか形になりました。

 

かっちょえ~

何気にマフラー二本出しだし! 気付いてました? 懐かしの月木レーシングだし笑笑( ´∀` )

 

オイルクーラーもぽちっとな! どんだけ冷やすねん。


2020年01月13日
» 続きを読む